読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#032 ダホン ミューP8

2012年冬の話になる。

 

妻が秋の健康診断で筋力が少なすぎて、

このまま老後を迎えると筋力不足で歩けなくなると警告されていた。

 

主人が自転車乗っていると、私の「おはようサイクリング」の話をして、医者からも自転車なら身体への負担も優しく良い運動だと勧められた。

 

自分専用のスポーツ自転車が欲しい…

ねだってきた。

うれしいような迷惑なような…

 

時期的には自分がロードバイクを買おうと検討して、いろいろと自転車ショップを見てまわっていた頃。

#008 ラレー CRN(1)~プロローグ・長距離を走りたい~ - 日々精進~オレの自転車日記~

目当てとするトレックのカーボンバイクが買えず、用意していた金が浮いていた。

妻的にはチャンス!

 

まあ自分からしてみても、いつも一人で自転車流していても、ちょっと寂しい。

妻がいっしょに走ってくれるなら悪い話ではない。

 

二人の将来の健康のためでもある。

(ホンネ…介護生活なんてイヤだ。今から鍛えて筋力をつけさせないと。)

 

妻の希望として可愛い自転車が欲しい。

なんとなくCBあさひに立ち寄って見ていたマリンのクロスバイクがいいと希望されるが、自分としてはせっかく自転車を買うならできればそれをきっかけに自転車屋と仲良くなりたい。

 

そしてあわよくば自転車屋のクラブ活動に入りたい。

 

という気持ちがあり、そうなると量販店では具合が悪い。

クラブ活動もしている個人店で探す。

 

二号機ママチャリ号も元々は犬の散歩用に妻に買ってやったものだが、結局乗らなくなって今は自分が乗っている。

新しい自転車もまた乗らなくなる可能性がある。

この点すぐに乗り気になってすぐに飽きて投げ出すところは自分と性格が似ている。

というか自分よりヒドイ。

 

もし乗らなくなったときのことを考えて、

自分が今乗っていないタイプの自転車がいい。

 

私的にはロードが一番ベストだが、妻がいきなりロードでは敷居が高すぎる。

本人も興味を示さない。

妻の身体に合わせた、私のサイズに合わないフレームを引き継ぎ乗る事になるのもイヤだ。

 

その点ミニベロなら普段の置き場所も比較的邪魔にならないし、自分が輪行したい時に使える。

 

そうだ!ミニベロにしよう。

 

トレックを買いに行ったときの店にブルーノのミニベロ(ミニベロ20ロード)があり、可愛くてこうゆうのも欲しいと思ったし、その時は妻も気に入っていた。

 

【ブルーノM20】

http://brunobike.jp/bruno_products/minvelo_roaddrop.html

 

 

 

ドロップハンドルのミニベロ、シャレオツ~(おっさん用語?)。

自分用に欲しいくらい。よしブルーノにしよう。

 

 

 

 

しかしブルーノはすでに売り切れていた … orz

 

 

しかも次年度から自転車屋はブルーノとの契約をしていないとの事で取り寄せもできない。

カタログで似たような自転車を勧められたがカタログ見ただけでは買えない。

(ここの自転車屋は結構丁寧な接客をしてくれて好感度が高いのだけど、毎回こういう展開になってしまう…縁がないのかな?)

 

一旦そこで話は止まり、また検討の日々。

 

買いたいロードバイクは決まらず、ミニベロをいろいろ見ていたらとりあえず自分用にも安い折りたたみミニベロが欲しくなる。

 

これからの人生、自転車を新しい趣味にしようという気持ちだが、どうゆう方向性に、どう向き合っていくか。この時期は自分もいろいろ迷っていた。

ロード買って自転車チームに入ってツーリングとか行く方向がとりあえず一番太い道だが、ミニベロ買って電車や自動車で旅に出て現地でサイクリングを趣味にしていくのも楽しそう。

他にはロック号の代替としてクロスバイクにも興味はある。

 

とにかく、次に買う自転車のカテゴリーが今後の進む自転車生活の方向性を決める。

 

 

ミニベロでもタイヤがクイックリリースになっている事が私の最低条件。

ミニベロはタイヤ回転数を上げて速度を稼ぐのでタイヤ交換のサイクルも早いだろう。

ダホンのスピードP8辺りがその中では一番安く候補になった。

折りたたみは自分の中では旅行先で乗るための足であり、値段重視でデザインは気にしない。

ロードも諦めたわけではないので、予算はできるだけロード購入に残しておきたい。

(でも自分と妻とミニベロ2台買ったら、予算が底をつくのでロードは諦めるしかないけど)

スピ8は可愛いというよりは硬派な感じだが悪くないと思う。

【スピードP8】

http://www.dahon.jp/2013/product/Speed_P8/

 

【ボードウォーク】

http://www.dahon.jp/2013/product/BoardwalkD7/index.html

 

そんな中、近くの別の自転車屋で2013年モデルのダホンミューP8(カラー白)が入荷したという情報をホームページで目にする。

ミューとスピードの一番の大きな違いはフレームの素材。

ミューはアルミでスピードより軽い。

 

白い車体がとても可愛い。 これ、いいんじゃない?

と妻に勧めてみるがブルーノとは全く違うデザインに興味を示さない。

 

自分用ミニベロとして候補のスピ8基準で考えていた予算より高い。

かわいいけど、自分用としてもいらない。

そこの自転車屋はクラブ活動をしていないようだが、レースチームは持っている。

ミニベロではチームに誘ってくれることはないだろうと思いつつ、買わないけど現物があるなら今後の参考にとりあえず見ておこうと店に行く。

 

すると年式遅れのスピ8もあった!

なんと5万円!

 

安くなっている~♪ ボードウォークとか下位クラスの値段だ。

欲しい!  これでいいや ♪

すっかりその気になってスピ8の隅々まであれこれウキウキになって見ていたときに、

 

振り返ると白いミューの前で真剣に悩む妻が姿が…

(゜0゜;)ノノ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気に入ったらしい… orz

 

 

 

 

「あはははははっ!あはははははっ!」

 

旅先でスピ8を楽しそうに乗っている自分の姿が

        割れたガラスのように脳裏から崩れ堕ちた…

 

 

 

 

 

まあいい、まあいい。

いずれは自分のものだ(たぶん)。

ミューP8を買った。

 

 

リアディレイラーはMTB用の普及グレードaceraでロック号と同じだが

ギアチェンジがロックよりもビシビシと気持ちよく反応する。

 

これだけでも楽しい。

 

ロックはガッチャン、ガチャコンって感じ。かったるい。

年式の違いによる技術の進歩の差なのか?

乗り心地はミニベロだから仕方がないが、ハンドルがクイックであり独特な違和感があって最初戸惑う。でもそれに慣れてしまえば他は問題ない。

あとタイヤが小さいから段差がちょっと怖いくらい。

サドルは固くて尻が痛いと妻がいうので、昔ロック号で使っていた今は使っていないジェルカバーがあったので少し見た目悪いけどかぶせています。外せばサドルも白です。

私的には固いといってもカールトンより断然やわらかく快適です。

 

 

 

加速性は良く、ペダルが軽くて30キロくらいはあっという間に出る。

 

ただ歩道を走る場合はハンドルがクイックな分、段差が苦手な分、その速度で走り続けることに怖さを感じる。

あと惰性で流すとすぐに速度は落ちていく。巡航性能は低い。長距離はきついか…?

 

総合的に評価すると普段乗りならとても良い自転車だと思う。

 

いずれ自分の物になったらMTBと軽快車は処分して、これ一台あれば十分だな。

フフフ…早く飽きろ~(妄想中) ~ ~ ~~~(《◎》∇《◎》;)悪魔の顔

(妻のリハビリ計画はどうなった…?)

 

 

その自転車屋からは年賀状が届いたが、レースチームに誘われることはやはりなかった…

私にはよくわからないが参考までに…

※13年12月追記~折り畳み工程入れました。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

 

『広告』