読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#041 能登島100キロ(2)~帰還~

CRN

前回までのあらすじ…

イスカンダル/ガミラス(能登島)へ向け出航したものの、行き着いたガミラスでの反撃が激しく(能登島の起伏が激しく)左右のエンジンが被弾(両足のヒザに痛みが)。

ヤマト(カールトン号)は航行不能間近に陥り、一旦不時着をする(コンビニで)。

 

 

 

能登島(90キロ地点)

しばらく途方に暮れる… 

2リットル水を買う…

足をマッサージする…

 

良くなる気配が全くしない…

 

能登島の外周回りたかったが、もうヒザが悲鳴を上げている。

もたないだろう。あきらめた。

ここからどう帰るかを考えないと…

 

このまま時間を浪費しても良くなる気配がない。

選択肢は三つ。

 (1).コンビニにタクシー呼んでもらい車で和倉まで行きそこから電車で帰る。

 (2).Uターンして来た道を自力で戻り和倉から電車で帰る。

 (3).ルートを短縮して能登島をまわり和倉から電車で帰る。

 

(1)(2)案は完全リタイア。後悔しそう。まだ足は動く。

先へ進もう!

 

 

 

 

ヤマト始動!

 

(3)案を採用しルートを短縮して島の真ん中突っ切る。

でも今から思えば、この後の苦しみを考えるとやっぱりここでUターンするべきだったかも。

 

最終目的地である能登島水族館に到着。

しかし遊んでいる余裕はない。素通りする。

 

上り坂、ついに自力では登れなくなり自転車を降りる。

もうヒザが耐えられなくなり屈辱を感じながらの自転車を押して歩いて上がる。

 

 

獰猛な動物が威嚇するような鳴き声が…

 

 

 

 

 

振り向くとヤギがこちらをにらみつけていた。

弱肉強食の世界。

こちらが弱っていれば草食動物も襲ってくるのか…?

頭にきたから威嚇しかえす(?)シャーッ!

 


延々と上り下りが続く道。

アイフォンはバッテリー補充しながら、温存させるために使っていない。

今何処走っているのかまったく検討つかない。

 

そして…

 

 

 

100キロ達成!わ~い(^o^)/*

 

 

…ってここはどこだ?(゜o゜;;

そしてすぐにまた激坂が行く手に待ち構えている…(--;)

 

1000坪の土地あります。自然がいっぱいです!いかがですか?

 

橋が見えた。ようやく苦しかった能登島を脱出!

橋の上から。よく見えないが写真右手対岸にあるのが和倉温泉

 

中島(110キロ地点)

ようやく能登島を脱出しても起伏の激しい道が続く。

島を出れば道が楽になると思っていたから絶望感に包まれる。

 

上りは押して歩く。

平地と下りは自転車で。

 

下りでも、もう足が回らない。

とにかく伸ばしたり曲げたりするとヒザに痛みが。

ケイデンス90回転なんて絶望的。

 

ここでローカル線の中島駅発見!

助かった!

 

と思ったが…  電車が… ない… orz

 

 

いわゆる一時間一本あるかないかの路線。

あきらめてJRが走る和倉温泉を目指す。

 

 

田鶴浜(120キロ地点)

ルールールールー♪

夜明けのスキャットとヤマトのテーマソングが頭の中をすでに鳴りまくる。

まったくもって、毎回毎回うるさい。

 

ヤマトはいくら被弾しても翌週には直っている。俺も明日には直るのかな。

このヒザのままでは仕事に支障がでる。

 

道が狭い。平行して通っている線路が恨めしい。

 

ロードバイクなのに平地でも速度が20キロを超えない…

もはや気力との戦い。

 


何でヒザがこうなってしまったのかは今後のために帰ったら確認しないと。

フォーム?ポジション?、まだここまで走れるだけの身体ができてないから?

 

 

和倉温泉

JR駅のある和倉温泉までようやくたどり着いた。

 

直近の電車が13時発の特急で、それに乗る。

特急料金で高くついたがすでに時間をかなり浪費してしまった。

輪行について掘り下げて少し触れようと思っていたが電車までの時間がないのでまた別の機会で。

早く帰らないと嫁が怖い…orz

ちなみに奥にいる変なのが、ここのご当地ゆるキャラ「わくたまくん」。

 

始発駅で客も少ない駅なので余裕で輪行の絶好ポイント席をゲット。

 

総走行距離120キロ。水分補給4リットル。

リッターあたり30キロ。

最新のエコカーに燃費で負けた…

 

13時の電車に乗って金沢ついたのは14時。

金沢で乗換待ちもあって、家に帰ったのは15時半。

2時間半で帰る。

現代文明の力と生身の人間の無力感を痛感する…

 

 

 

 

帰りの電車内でアイフォンで調べた。

インターネットがいつでもどこでも使えるようになり便利になった…これも現代文明の力。

 

私の足はO脚(いわゆるガニマタ)だが、ビンディングで足先はまっすぐに固定されて、でも股の方はガニマタの向きになっているから足はひねっている状態で自転車に乗っていた。

それで長距離を走り続けたから、ついにヒザが耐えられなくなって痛みだしたようだ。

 

冷湿布が効くそうなので、湿布して一晩過ぎたら少しは症状が軽くなった。

またまた汚い画を載せて申し訳ないがシップの匂いにイヌが興奮(笑)…

日焼け跡もカッコ悪い…

昨日は立ち上がる(楽な状態からヒザに体重がかかる)と痛みが走って、その場でしばらく固まって時間かけないと立てなかったが、今日はまだ痛みはあるもののすぐに立ち上がることができる。

 

解消するためにはライディングフォームを改善する(身体の限界近い気力走行になったときにそこまで意識が回るのか?)、シューズクリート位置の調整、ヒザにサポーターなど。

とりあえず全部試していくしかない。

いい勉強になりました。

 

最終走行距離124キロ。

満身創痍になりながらもミッションクリア!

(runtastic for iPhone)

マル内の数字が走行距離、ラインの色が高度を表しています。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』