読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#043 ジテツウ(1)

Roc

 

金沢市もりの里エリア

 

今年5月から異動となった新しい職場ここにある。

山の上に突如開けた空間が現れている感じ。

金沢大学のキャンパスがあり学生街。そのため自転車も多い。

 

 

8時半が出勤時間。

自宅からの距離は片道15キロ。車なら約3~40分の距離だ。

 

勤務初日。

7時50分に出たがこの通勤経路のこの時間帯は毎日大変な渋滞。

到着したのが8時40分すぎになり初日から遅刻した。

50分の時間がかかった。

 

【通勤路~いつもこんな感じ】

 

翌日からは7時半に家を出るようにしているが、するとこの時間はまだ渋滞はなく8時すぎの少し早い到着となってしまう。

なんて時間計算の難しい道なんだ。

 

 

結局、7時半出発を続けているが、そこでふと思う。

どうせ早く家を出ているのなら、自転車でも行けんじゃねーか?

片道15キロという事は時速15キロで走れば1時間で行ける。

 

転勤前の職場は家から1キロと極近だったのでママチャリでのんびり走って極楽通勤していたが、今は車通勤がメイン。

 

片道15キロは自転車で走れない距離ではないが、しかし場所が山の上なので距離以上に上り坂がかなりハードなコース。

 

休みの日に時間を気にしないで走るなら全く問題ないが、遅刻を意識して、時間を気にしながら全力で坂道を登り続けるのはきっと体力的にハードルが高い。

 

問題は上り坂多いコースで平均時速15キロをキープし続けられるか?

一度挑戦してみようか…

 

 

曇り空の涼しい日を選んでロック号で出勤!

 

 

 

 

 

 

 

うわっやっぱキツっ!(〃゜д゜;)

学生の通学時間ピークと重なり、学生をかわすのが非常に面倒臭い。

AVG15キロ以上をキープしようと必死に走るが、前走る邪魔な学生や信号にもよく捕まってストップ&ゴーの繰り返し。

 

障害なく走れる道でもゆっくり休みなんて取れない。

必死にスピード出してここで時間を稼いでおかないと

AVG15キロは簡単に割ってしまう。

 

制動力の高いVブレーキはフル回転。

危険回避にとっても役に立っているが、急ブレーキ&急加速の繰り返しは出足の重いMTBにはかなり辛い。

 

横から車がこないことを確認して横断歩道を渡ろうとすると、並走していた車が右左折で突っ込んできて、こちらが見えていないのかと慌てて止まるが、向こうはこちらに眼も向けず(横目で見ている)、早く渡れと言わんばかりに横断歩道手前で止まる。

 

 

イラっとする。

 

手前まで来て自分が渡るのを待つくらいなら待たずに行ってしまってくれ!

じゃなければ渡るまで突っ込んでくるな!

 

せめてゆっくりとこちらを見ながら入ってくれれば、こちらの存在に気づいているんだなとわかるのですが…

 

身の危険を感じて急ブレーキかけて、そこから急発進するのは本当にキツイ…

 

すみません…

と、ゆずってもらった手前、一応自分がお礼を言って渡るがなんか納得いかない。

ただ、自分も車に乗っているから、車側の心情もわかるだけに怒りの矛先がない…

 

信号待ちの時間はサイコンの計測は完全に止まってしまうため、サイコンのAVG時間には含まれないから時速15キロ維持では通勤時間は1時間以上かかってしまうことになる。

 

時間との戦い。

1時間必死に走り続けて休まる道も時間帯もない。


汗をかいた顔に飛び込んできた羽虫がべっとりくっつく。

 

 

ぐぇ気持ち悪りぃ

 

 

下り坂では必死に加速して30キロ超をキープして、結局AVG20キロで走って50分かけて8時20分に到着した。

 

時速20キロで15キロ走るのにかかる時間は45分。プラス信号待ち5分くらい?

計算上は妥当な到着時間だ。


もう汗ダクダク。

燃えまくっている自分の身体を制御、クールダウンできない。

 

 

 

そこの女子社員オレに近寄るな!

(臭いぞ!暑苦しいぞ!)

 

女子社員「??????」

 

 

 

下着を着替えて仕事制服を着て少しスッキリしたが、汗かいた不快感は残り、

30分ほどは仕事しながらずっと息が荒い…

 

まだ仕事してないのにすでに息切らしている自分ってあやしい…

 

体温高い、暑苦しい、息が荒い、おデブちゃんの気持ちが分かる。

(まあ似たようなものだけど…)

 

 

耐えられず500mlペットのお茶一気飲みしたがまだ足りない。

そして飲んだお茶はみんな汗として噴出す…

 

 

曇り空の涼しい日を選んで走ってみてこれでは、太陽出ている日はどうなってしまうんだろう。

 

 

そして、帰りは雨にうたれた…

天気予報、確かに夜は雨でしたが、雨降り出す時間早い!

 

愛車ロック号…雨よけないです…

雨の日は自転車乗らないって決めていたので。

 

でもジテツウしているとそうもいかない。

シャツは汗と雨でビチャビチャ。

タイヤから跳ねた泥水で制服ズボンは泥だらけ。

 

嫁「ギャーッ!」(`Д´)

 

そのまま家入って嫁に怒られました…orz

 

 

自転車乗れた満足感は得られましたが、行きも帰りも身体はボロボロ。

なんか楽しくない…

 

でもMTB用のシートポストに付ける雨よけはあまり格好良く見えないから付けたくない…

基本、自転車にごちゃごちゃとオプションを付けたくない。

 

雨の日用に今度はママチャリで挑戦してみようかな。 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』