読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#068 秋の練習会

CRN

 

サア、 タノシイ

  ジテンシャ ノ ジカンデス 。

 

 

 タノシミマショウ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10月からの練習会スタート!

 

自転車シーズンは終盤、冬を前にして、何をするのだろう。

 

知らない人ばかりのところへ一人飛び込むのは毎度の事ながら勇気がいる。

4月を思い出し、ドキドキしながら向かう。

 

4月の自転車講習会は自分と同じ初心者ばかりだと思って行ったらベテラン勢のツワモノばかりいて場違い感が満載で辛かったが、今回こそツワモノ連中の中に飛び込む。

 

集合場所に一番乗りした。

 

ドキドキしながらどんな人達が集まるのかと思っていたら、二番手は春先の講習会を一緒に受けた人。仲間がいて一気に安堵感が漂う。

その後、次々人が集まってきて、知らない顔ばかりだったが聞いてみると自転車買って初めての秋を迎える人ばかり。

 

何年も乗っている人もいたようだが(サポートの手伝いで?)、基本的に自分と同じようなレベルの人達が集まっていた。

 

練習会の本番は3月から。

今月は初参加者対象の練習会の練習ということらしい。

プレ練習会。

 

公道をグループ走行。

 

とは言ってもチャリンコ暴走族ではない(笑)

交通ルールは守ります。

 

 

自転車レースは基本的に集団走行。

競輪を思えばわかりやすいが、風を受ける先頭が不利。

前中盤レースのほとんどを集団の中にいて、もしくはチームを組んで先頭は交代で体力を温存し、ラストスパートで最後ゴールを獲りに行く。

 

まあ今はレースの事はともかく、それよりもグループで走る場合は、一人で走る場合とは違い覚えなければいけない事がある。

とても大事なのは手信号などのコミュニケーション。

交通量の少ない田舎道を30キロ前後の速度でひたすら走り続けた。

 

約束事として言われたのは、手はブラケットから離さない。

ひたすらブラケットポジションでそのまま1時間以上走り続けた。

 

って言うか、前の自転車とのスペースは極限まで詰めるので、すぐブレーキ握れる位置じゃないと怖くて走れない!

 

車間は30センチまで詰める。

とても怖い!

勇気を振り絞り、気合一発突っ込む!

 

でもみんな初心者だから走行ペースが安定しない。

何度か急ブレーキかけてリアタイヤが浮き上がった(笑)

 

サイコンに視線を落とす余裕も作れない。

少しでも早くブレーキがかけられるよう、前の自転車のリアブレーキや手のブレーキを操作する動きを凝視しながら走行。

 

足はひたすら回し続け、スピードコントロールはブレーキで行う。

なんか本格的(当たり前だけど)で、新鮮な体験で楽しくなってくる。

 

そして平地30キロ巡行がとても楽。

 

一人で走るのとこれほどまでに、風の抵抗を受けないことが楽なのか!

違うのかって実感した。

 

ただポジションが変えられない事が、長時間になると辛くなってくる。

路面からの振動で手がしびれてくる。

肉厚グローブに変えたが辛い。

 

どうしたらいいのか、クラハシ君(仮称)に聞いたら重心が手にかかり過ぎてるからと言われた。

なるほどね…

こうやって詳しい人と走ればいろいろ勉強になる。

 

苦しいけど、楽しい!

(エムだな…)

:*・・゜°・キラ*:.。.:*・゜(* ̄∇ ̄*).。☆・。・:*:`。キラ☆・。

・:*:`.。☆・。キラ.:*゜:*・・゜°・*:.キラ。.:*・゜°・゜°・*

ようこそ!変態の森へ…

 

 

夢中になって走っていたらクラハシ君に水分補給するよう言われる。

ぜんっぜんノド渇いていなかったが、早め早めの水分補給も必要。

なにかと勉強になります…


今日は初日という事で、慣れることに重点が置かれたが、楽しかった。

 

 

 

テンション上がって、終わったあと、もう少し一人で走りたい気分!

…けどそれは無理。

 

あー仕事行きたくね~

 

 

 

 

練習風景をブログ用に写真撮れないかと思っていたけど、走行中はみんな真剣にやってるから無理!

だいたいブラケットから手を離せないのにできるわけがない。

 

ベテラン格になれば隊列から少し離れて、ってできるかもしれないが…

 

このテーマはこれからも文字ばかりになるでしょう。

すみません。

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』