読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#073 BBBoro MT-1.0

軽快車 周辺

 

マジンガーZIPが最近のマイブーム。

(日本テレビ/永井豪とダイナミックプロ)

 

(日テレ系朝「ZIP」内のミニアニメ(大阪の読売テレビ系はやってないみたいですね))

マジンガーZも小さい頃、熱中して見てたなぁ…

私の世代がギリギリ現役ですかね?

関節がないのにどうしてヒジが曲がるのか?

(しかもロケットパンチで飛んでいくし…)

子供ながらに謎に思っていました。

 

 

 

… … … …。

 

 

あ、ごめんなさい。どうでもいい情報ですね…(汗;)

 

 

 

本題に入ります!

 

自分の自転車生活は基本ぬるいので、夏に涼を求めるとき以外はほとんど夜に走ることはなかったが、ジテツウを始めてからそうもいかなくなった。

 

今までは、夜走る時はコンビニ行くくらいだったので明るい街中走行なので形だけ自分の存在を知らせるフラッシングライトがあれば十分だったが、今の勤務先までは山越えルート。

 

道によっては外灯すらないところもあり、とても光量が足りない。

しばらくは、今まで長年使ってきたポラリスのライトで走っていたが、路面の見えない下り坂を加速度つけて走ると、身の危険を感じたので、とにかく明るさ重視で新しい前照灯を購入。

 

 

それがコレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

…いや、写真間違った! コレ! 

カタログ値、最大光量200ルーメン!

 

 

 

しかし明るさの単位に馴染みがなくスゴさが全く伝わってこない!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

今、使っているクロップスは450カンデラ!

 

 

 

… …?

 

 

… … … …?

 

 

 

 

…まったくピンときません。  orz

 

 

光の単位についてグーグル先生に聞いてみるものの、測り方で単位が使い分けされているのは伝わるが、じゃあ450カンデラが何ルーメン?となると照明器具によってまた違うみたいで???です。

 


自転車ライト業界の皆様、どうか表記する単位を統一していただけませんでしょうか?

これでは比較ができません。(涙)

 


200ルーメンの新型ライト、はっきり言って明るいです。

他人のブログ読んでいて、150ルーメンのライトがとても明るいと書かれていたので、その上をいくコイツならきっと満足いくだろうと思いましたが期待を裏切りません。

 

今まで全く見えなかった外灯のない下り坂が気持ち良いくらい良く見えて、安心して走れるようになりました。

最初使った時は感動レベルです!

 

 

 

 

せっかくなので、久しぶりに行きますか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「映画・機動戦士ガンダムIII・めぐりあい宇宙編より」

(私にも見える!)

 

 


どれだけ凄いのか貧相な文章しか書けない私には伝える自信がありませんので写真で比較します。

私が使っているライト達です。

上から新型BBボロ、ロックで長年使ってきたスマートポラリス3灯タイプ、最近お気に入りのクロップスアンタレスSX1(黒がロック用、白がカールトン用)、そしてダホンミューで使用しているパナソニックSKL100

 

ボロ以外の下3種類はいわゆる自転車専用ライトとして一般的小売店で売られている自転車ライトです。

こうして見るとボロのコンパクトさも特筆すべきですね。

 

クロップスとパナソニックは400カンデラというカタログ数値でした。

ネットで調べるとこのクロップスは14ルーメンという表示もありました。

 

ポラリス、クロップス、パナの3っは乾電池式です。

ポラリスとパナは単三電池2本、クロップスは単三電池1本。

小型軽量にこだわるならボタン電池タイプですが、私は充電池が使える単三電池派なので、単三電池1本で脱着の使い勝手も良いクロップス気に入ってます。

 

それに対してBBボロは充電池式。

十分な大容量バッテリーを備えるには充電池の方が都合いいのでしょう。

単三電池を一日で使い切られては維持費がたまりません。

 


さて写真比較。

カメラはコンデジの風景画モードで。

実際の見た目の明るさよりは暗く写ります。

夜景モードで撮ると暗さに合わせて露光時間が長くなるので、

どれも同じ明るさで撮影されてしまい比較になりませんでした。


まずボロ3段階の比較。

上からオーバードライブ、ハイビーム、スタンダード。

(面倒臭い、要は一番明るい、中間、暗い)

 

そして今まで使っていたライト。

ポラリス

クロップス

パナソニック

ひどいですね。(笑)

画像加工してるだろ!?と言われそうなくらいの暗さです。

でも撮影条件は上と全く同じです。


ポラリスはやや幅広く照射されます。

3LEDを使っている効果でしょうか。

クロップスとパナは狭い範囲を明るく照らします。

どれも、実際に今まで街中で使ってきて、自転車はこれが普通なんだと何の不満も感じなかった一般的な明るさのライトです。

 

この写真を基準に上の写真を比較すると、ボロの明るさが実感してもらえると思います。

 

最大光量で使い続けると2時間弱しか持たないようですが、本当に真っ暗な道以外なら普段は最小光量でも十分足ります。

最小モードなら数時間使えます。

 

【商品カタログ表記の数値】

オーバードライブモード(200ルーメン)1時間50分

ハイビームモード(105ルーメン)3時間35分

スタンダードモード(50ルーメン)8時間

フラッシングモード 7時間

 

大きさも手のひらサイズでコンパクト。

日中は自転車から外してカバンに持ち歩くのでありがたい。

 

ベルトは二つありました。

一つはヘルメット装着用。…私は使いません。

でも普通は付いていないので使う人にはありがたいでしょう。

 

もう一つはハンドル用。ちょっと締め付けが弱いです。

ガタガタな道走るとライトの照射位置が落ちてます(笑)。

滑らかな道では大丈夫でしたが、個体差があるようです。

 

あと雨に当たって雨水が内部にまで入って壊れたという記事を見ました。ここは改善点ですね。

 

 

 

 

~PS~

今朝のおはようサイクリング(南コース)をさらに進んで、能美市にロードバイクでも気持ちよく走れそうな道を見つけました。

手取川河川敷道とうまく連絡できればいい周回ルートになりそうです。

本日50キロ走りましたがヨメも付いてきました(2度目の50キロ走破)。

日々精進しています。

 

 

 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

『広告』