日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#120 羽咋120キロ1~往路~

羽咋…「はくい」と呼びます。

遠方から転勤で来た同僚が読めなくて「はさく」と発言しましたが違います。

 

ジャイアント兄弟発進!

 

ヨメの二度目のロングライド挑戦。

今回のイスカンダルは羽咋市にある能登一ノ宮気多大社。

正月初詣では能登で一番にぎわう神社。

 

自宅からちょうど片道50キロ。

今回こそ往復100キロクリアを目指す。

朝7時すぎに出発。

 

ハンディキャップとして私はMTBロック号で行く。

実はGW疲れ(仕事です…)と寝不足で身体の調子が悪い。

前回練習会を全力で走りきった疲れも取れていない。

 

アウター縛りとか余計な事はしないで、今回は素直に乗りやすいように乗る。

脚力が思うように出せないので、むしろ普段使わないインナーを積極的に上り坂では使った。

おはようサイクリング北コースからさらに北進し内灘大橋を抜ける。

 

さらに進むと、上り下りは連続するが、車も少なく路面もキレイで比較的走りやすい道。

 

しかし街中に入ってしまうと急に道が狭くなり車が近くて走りにくい。

行きはずっと下り基調。

今日は風が強い。でも行きは追い風。

道が狭くて走りにくさが気になるのと、体調が変わらず悪いが、旅は順調に進む。

 

帰りは逆に上り基調の向かい風になってしまう。

それだけが心配。仕方がないよな…

 

こうなったら諸葛孔明の化身と呼ばれる

私の風水の術で風向きを変えるしかない!

 

 

11時、気多大社到着。

ここまでで距離56キロ、AVG18キロ。

帰れば目標100キロ走破は確定。

 

観光客らしい女性二人組に声をかけられて写真を撮ってあげる。

 

女性「自転車で全国周っているんですか?(^^)」

私「いえ近所です…(--;)」

 

んなわけねーだろっ!

 

冗談半分なのか本気なのかわからないが決まり文句のように言われる。

キレイな人たちだったから笑って許す…(オイ)

 

 

お礼にと頼んでいないのに私たちも写真を撮られる。

ふと気がつけば今年初めてのお参りだ。これが初詣だった。

 

 

帰りは上り坂の向かい風。

諸葛孔明相伝の風水の術はなぜか効かない。

まあ、今日は体調が悪いからな…

(そんな問題か?)

これでは、とてもまともに同じ道を戻る気になれない。

海へと出てみる。

 

 

海岸線に出れば平坦路が通っているかもしれない。

風はあきらめて坂だけでも回避できないか?

天気が良く海がキレイ。

 

 

海岸沿いに通る自転車道を発見!

この道を使って帰ることにする。

しかしこの道はすぐに海岸を離れ羽咋市内に入ってしまう…

(アレ?)

 

コスモアイル羽咋という施設が見えたので寄ってみる。

名前だけは知っていたが入るのは初めて。

 

さて問題、私はどっちでしょう?

 

中に入る。金いるんだ…(あたりまえか)

1階は売店で自由に入れる。

2階以上は有料で旧ソ連の宇宙船などあるようだ。

3階はプラネタリウム。

時間がないので、上の階はまた次の機会にします。

宇宙人専用。

非常事態だったらしい…

自転車どころではなかったのか…?

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』