日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#126 チェーン交換

桜のシーズンが始まってしまったので後回しになってそのままお蔵入りしていたネタですが、前回のVブレーキシュー交換に続き今度はチェーンの交換。

 

 

専用工具としてチェーンカッターが必要。

チェーンカッターはブレーキシューと一緒にCBあさひPB品を購入。

チェーンはシマノの6S~8S用を購入。

グレードで言えば2300(現クラリス)クラス。

ちなみに1号機ロック号(零六式)は7S仕様です。

 

数百円の違いなら、使用頻度が高いチャリなので動力伝達部だし何となく105クラスくらいは付けたいなと思ったが、8Sまでと10S~11Sとはチェーンの互換性がないらしい。

何が違うのだろうか?太さ?

 

10S~11S用だとピンにも種類があり(アンプルタイプコネクティングピン、リンクピン)外すピンはアンプルタイプと決まっているようだが、ロックのチェーンにはそのようなピンの種類はなさそうだ。

しかしどこのチェーンなんだろう…

ロックのスペック表を確認するとKMC Z51というチェーンだった。

知らんな…www

ググってみると普及品チャリに広く使われているみたい。

 

チェーンはインナーハイに。張りが緩くなり作業しやすい。

 

チェーンカッターに台があるのでチェーンをのせ、カッターの歯をグリグリねじって押し込む。

ピンが押し出されチェーンが切れる。

案外簡単。(笑)

 

新旧のチェーンの長さを測ってみる。

チェーンが伸びてくるとスプロケットなどと噛み合わなくなりスプロケットの歯が磨耗してしまうとの事。

それは一大事。

ロックは購入してからの経過年数こそ長いが、長く乗っていない時期があったのでそれほど走っていない。

総走行距離3000キロくらい。

新品と旧品を比較すると半コマくらい伸びてる感じ。

恐れていたほどには伸びてなかった。

旧品と同じコマ数の所で新品を切って長さを合わせる。

 

新品チェーンの取り付け。

作業しやすいようフロントディレイラーをアウターに切り替えてアウターギアに這わせていく。

リアはプーリー周辺が少し手こずったが難なく装着。

 

最後にチェーンの接続。

針金ハンガーを加工してチェーンフック、引っ掛けるもの作ると作業しやすそうだが、針金ハンガーが無いので(最近はプラスチックハンガーばかりじゃないですか?)針金で縛る。

 

コネクタピンがチェーンに付属で一つ付いているので

コネクタピンのガイド部をチェーンに差し込む。

あとはチェーンカッターでピン本体部をグリグリ押し込む。

ガイド部が押し出されてくるので、それはペンチで折る。

パキンと簡単に折れました。

 

コネクタピンだけで個別に別売りしているので、次からチェーンは変えずに付け外ししたいときはピンだけ買えばいいのですが、ピンもスプロケ枚数によって互換性がないとの事ですので注意が必要。

 

最後に接続したコマは固いとのことなのでウネウネ手で動かして滑らかにします。
今までぎこちない感があった変速がガチャン!と軽くスムーズになりました。

 

古いチェーンを使い続けるとスプロケットの歯が磨耗し、そうなってしまった状態までいってから、チェーンを新しくすると返って噛み合わなくなりチェーンが滑る事になるそうですが(その場合スプロケットも交換)、今回はタイミングとしても良かったようです。

 

あとペダルが軽くなったような気がします。

次の交換はワイヤーかな?

 

http://www.giant.co.jp/2006/bikes/pop/spec/rock4500.html

 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

『広告』