読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#127 しまなみ1~尾道-向島-因島大橋~

 

 

 

 

 


朝霧の中に浮かび上がる瀬戸内の島々。

 

 

 

 

 


生温かく湿気の多い空気はモヤっとしているが、

たまに流れる浜風がその淀んだ空気を吹き払ってくれて心地良い。

 

 

 

 

     
俺は今、チャリンコの聖地しまなみに立つ!

 

 

 

 

天気は残念ながら曇雨。

海が遠くまで見渡せない。

 

 

 

 

なんか感動が薄いぞ!(笑)

 

 

 

しかしここは前向きに…

最近の悩みである日焼けは避けられ、気温も涼しいと思うことにしよう。

 

 

きっと女神は私に微笑む!(意味なし)

 


金沢から西へ500キロ、尾道駅に6時到着。

 

尾道駅前にある港湾駐車場に車を入れ、そこの管理事務所で「しまなみサイクリングクーポン」を購入。

駐車場は開いてるのですぐ入れたが、事務所は7時オープンだったので少し待った。


今までよく分からないので、なんとなくざっくり「しまなみ海道」と呼んできましたが、「西瀬戸自動車道=しまなみ海道」は高速自動車道路。

自転車は入れません。

 

それに平行してサイクリングロードが別に整備されていて、西瀬戸自動車道とは島々を渡る橋だけ共有しています。

 

尾道からの入口も別。

自転車は尾道-向島間をつなぐ「新尾道大橋」は走れない。

自転車は尾道駅前にある船乗り場からフェリーで対岸の向島へ移動となる。

まあこれはこれで旅の気分を盛り上げるだろう。

(下道の尾道大橋を使うルートもあるようです)

 

しまなみ海道とは…

広島県尾道市(本州)から愛媛県今治市(四国)までの島々を橋で繋いで一本の道路を通した道。

 


尾道(本州)-<渡船(車は新尾道大橋)>-向島-<因島大橋>-因島-<生口橋>-生口島-<多田羅大橋>-大三島-<大三島橋>-伯方島-<伯方・大島大橋>-大島-<来島海峡大橋>-今治(四国)

と繋がります。

写真は「しまなみサイクリングクーポン」のパンフレットの地図。

地図赤い道がサイクリングロード。

青い道は高速自動車道。

 

ここのページを参考にしました。

http://www.go-shimanami.jp/sp/cycling/

 


尾道駅の前にグリーンヒルホテルという目立つ建物があり

(屋根の色もグリーンなのですぐわかる)

その両どなりに港湾駐車場とフェリー乗場があります。

 

 

島まではフェリー。

 

船はちょっと待ってるとすぐにやってきます。

乗降係り兼フロア世話係りになるおっちゃんは気さくに話しかけてくる。

自転車に優しい空気を早速感じる。

 

運賃は110円。人間100円+自転車10円。安っ!?

集金にまわってくるそのおっちゃんに手渡し。

島の生活の足になっているようです。

一般の人たちや学生がいっぱい乗っていました。

運行時間がよくわからなかったが、便数も多いので待ってればすぐに来るという感じ。

 

 

 

 

 

本州を離れ第一の島。向島。




いきなり町中ルート。

海岸を走るイメージだったからあれ?って思う。

道も普通。

 



しかし一つ違う点が。

有名なブルーライン。

私たちをゴールの今治まで導いてくれる。

 

初めて走る道はルートがあっているのか?

曲がり角間違えていないか?

不安を片隅に残しながらの走行になるが、ここはこのブルーラインのおかげで不安なく、走りや景色を楽しむ事に集中できる。

 

自転車に優しい。

これは全国にも広まってほしい。

 

やがて町中を抜け海岸に出る。

車が少なく路面もきれい。

とても走りやすい。

景色に澄み渡る感じがあればもっと良かったのだけど…

 

 

最初の橋、因島大橋が見えてくる。

橋の位置が高い。あそこまで上るのか?

でも下を大きな船が通るから高いのは仕方がない。

 

ゴールの今治まで、まだまだ70キロ。先は長い。

 

橋まで上り下りする坂の勾配は3%。

下に見える道を走ってきた。

 

因島大橋の通行料金は50円。

 

駐車場で買ったクーポン券の出番。

しなまみ海道は総額500円の通行料が必要ですが、このクーポンはそれを250円で買えます。

それにプラスして各観光施設や食べ物の優待券がついている。

利用しない手はありません。

 

因島大橋は二層構造。

上を自動車が走り、自転車は下を走ります。

こういう道は初めてなのでとても楽しい。

 

 

第二の島、因島へと向かいます。(続く)

 

 

~補足~

尾道から向島に行くのは尾道大橋か渡り舟か…?

 

どうせならスタートから自転車で走りたい。

何も判断する情報をもってなかった私は当然自走だと思っていたが、

事前にヨメがいろいろ調べてくれてここは船を使うのが一般的らしいと言う。

あるブログでこんな記事が…

 

尾道駅に降り立って東を見ると尾道大橋、新尾道大橋が見える。
新尾道大橋は自動車専用橋で、自転車での通行は不可。
尾道大橋も非常に古い橋で、自転車での走行はまったくと言っていいほど考えられていない。
橋に至る道は坂もきつく、車の量も多い。橋も狭く、歩道はなきに等しい。
どうしても橋を全部通る!と言う固い決意をもった人以外は、渡船をお勧めする。

http://www.geocities.jp/celeste4851/simanami/simanami1.htm

 

尾道大橋も昔は有料道路だったようで自転車での走行を想定されてないらしい。

船の利用がベターです。

 

 

『広告』