日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#130 しまなみ4~大島-来島大橋-今治-尾道~

 

いよいよ舞台は第六の島、ラストステージ大島に突入。

この島を超えるとゴールの今治です。

 

 

サイクルロードはしばらく今まで通りの海岸沿いを走るが、途中からは島の中央を突っ切るコースに。

 

 

そのため高低差がある。

今までの島に比べたら楽なルートではない。

私は問題ないレベルの坂だが、膝を痛めているヨメが辛そうだった。

 

でもヨメは最後まで足付き無しでしまなみの坂は制覇しました。

ヨメの愛車エスケープは登坂に優しいMTB用のコンポを積んでいるが 、それでも偉い!と思います。

 

 

そして海岸じゃないのに、なぜか吹き溜まっている砂が多い。

タイヤを滑らせないよう注意が必要。

 

 

島の中央目指して坂道を上り、山頂を超えてからは海岸目指して下って、ようやく対岸までやっと出た!

 

 

 

 

 

 

 

 

… … … … … 。 (汗;)

 

って思ったらはるか高い位置に今までの橋とは比較にならないくらいの巨大な大橋が…( ̄▽ ̄;)

あの…橋の向こう側が見えないんですけど…

 

さすがの私も一瞬絶句しました。ヨメは茫然としました。

またあそこまで上るの…?

 

島中央から下らずにそのまま橋へとつなぐ道は作れなかったのかしら…orz

高速道路は通っているのに…

ちょっとショック感が強い。

 

例えるなら、やっとこボスキャラを倒して安堵した瞬間にそのボスキャラがさらに強く覚醒して甦ってきた時のショック感。

 

仕方がないので上りますけどね。

でかい…異様です…

 

今度こそラストステージ。

来島大橋…

全長およそ4km。とにかくでかい。

 

 

あそこを走って上ってきた。

 

そして高い…

 

走っても走っても橋の先に辿り着かない感じ。

 

料金所。通行料は200円。

 

そのすぐ先は高速バスの乗り口になっていました。

 

橋から見えるゴール今治の町並み。

 

そして橋を外れると長い下り坂が待っている。

 

 

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

 

 

 

四国上陸。ついにヤマトはイスカンダルに着いた…

私は四国の地を踏んだのは生まれて初めてです。

ホテルを目指します。

 

ホテルは今治城近くにあるので城を目指して走ります。

ブルーラインの果てを見てみたい気もしたが、ここでブルーラインとはお別れ。

 

 

18時。ほどなく本日の宿泊地ホテル菊水に到着。

本日の走行距離は94キロでした。

 

 

部屋の中に自転車を入れられます。

古い建物だからもう気にしないのかもしれませんが、こういうのポイント高いですね。

エレベーターも自転車立てなくても入れられるだけの広さがあります。

写真撮ろうとしたら他の宿泊客がきたので、我ながら行動が怪しいので慌てて逃げる。

ブログ書くのも大変です。(笑)

 

風呂入ると全身日焼けでヒリヒリしました。

曇空でさらに長袖着ていたのにこれでは…、

晴れてたら大変な事になっていたでしょう。

 

食事は晩も朝も出歩きたくなかったのでホテルで取りました。

【晩飯】

鯛頭の味噌汁うまっ!

 

【朝食】

 

チェックアウトして軽く今治城まで走りました。

藤堂高虎が築城した平城。

ヨメが堀に鯉がいたと言っていましたが、海水を引いているので淡水魚の鯉ではないでしょう。

 

帰りは高速バスで。

おのみちバスのサイクルエクスプレスを利用。

自転車積む場合は事前予約が必要です。

自転車を積むのに、特別な作りになってるバスかと思ったら、普通のバスでした。シートに汚れ防止のカバーが付いているだけ。

荷物置く棚にS字フックでハンドルに引っ掛けて、自転車を立てて前席の背もたれに結びつけます。

 

もう、あっと言う間。昨日は何だったんだという感じ。

バスの運転手は右左折信号ストップいちいち説明が入り、うっとうしい感じもあったが親切。

 

【来島大橋】

朝霧の中、バスは行く。

 

【多々羅大橋】

しかし客がいない。シーズンなら混むのだろう。

私たち以外にお客は今治から乗った一人がいるだけだった。

その人は自転車なし。

乗車時に自転車セッティングしてる間待たせて申し訳なかった。

 

【因島大橋~この下に自転車道が通っている~】

 

8時50分発の1便に乗って、尾道駅に着いたのは10時半。

尾道駅も自転車に配慮したスペースがあります。

 

ここまで来たら尾道ラーメンだけは食しておきたい。

尾道で壱番館というこの辺りでは有名らしいラーメン屋を探して昼飯。開店前に並んでいる客もいました。

私は一番おすすめと書かれていた角煮ラーメン。

ヨメはオーソドックスにレギュラーを頼みます。

 

ジャイアントショップが駐車場横にあったので寄ってみました。

特に買いたいものもありませんでしたが。

 

さあ金沢へ帰りましょう!進路は東へ!

 

後半、足早にペースアップしましたが、ここまで長々とおつきあいいただきましてありがとうございました。

2話までみたいに好きなように書いていたら6話くらいいきそうなボリュームがありましたが、それを4話でまとめました。

 

チャリンコの聖地しまなみ海道、いろいろ書きましたが総称すると楽しかったです!

走っている間はこんな遠い所、もう来る事なんてないだろうと思いましたが、今はまた来られる日が来ることを期待したい。

 

~おまけ~

今治のゆるキャラ、バリィさん。

因島のゆるキャラ、じょちゅうぎくん。

誰がこんなの考えるのだろうか…

『広告』