日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#144 気分上々↑↑

余談ネタから。

クリートを交換した。

何も分からず型番を見て一番新商品と思われる青色を買ったが黄も赤も現役商品だった。

 

クリートにも種類があったとは…

遊びの違いらしい。

今まで自転車屋が選んだ黄色を使っていた。

遊びが大きく初心者向け。

交換時期が分からなくて、もうだいぶ減ったと思い、

鈴鹿を前に新調しようと買ったが、もう少しかかと側の黄色い部分が残っている間は使えたようだ。

赤は遊び無しのガッチリ固定、黄は遊び有り、

青はその中間との事。

 

 

 

8月19日(火)

鈴鹿を前にして最後の休み。

お盆の2週間は自転車に乗れなかった。

今日は当然乗らなければ。

 

どこでプチ練習をするか?

花坂か手取川か…で迷ったがやり残した感があってモヤモヤしていた30キロ30キロに再挑戦。

 

【コース紹介と前回の挑戦はこちら】

 

見た目にはわからないくらいの緩い上り道だが距離は15キロと長い。足を休ませればすぐに減速する。

 

長い距離を全力走行維持しなければいけない。

鈴鹿に向けてこれはこれでいい練習だと思う。

 

目標はAVG30キロオーバー。

去年から何度も挑戦して失敗してきた。

前回も上りは失敗。

しかしまだ楽な下り片道15キロでようやくこのコースで初のAVG30キロ達成。

 

あとは上り15キロさえクリア出来れば最終目標30キロ30キロクリアの可能性が見えてくる。

その上り挑戦。

 

前回35キロで走りオーバーペースで即効力尽きてリタイヤしたので、今回は31~32キロを維持するよう心がけた。

シッティングでいくらもがいても、徐々に30キロを割ってくるのでそこで喝を入れるダンシングをインストール!

 

そして復活させた30キロ巡行速度を維持すべくシッティングで走る。

それでも最後は追い込まれてきてダンシングとシッティングを交互に走った結果…

 

AVG30.3km/h !!!

目標達成!

 

【DST14.16km】

【TIME28.02】

【MAX41.6km/h】

 

最初の挑戦から1年が経過したが、自分の成長を感じる。

【最初のはずかしい記録はここから!】

 

上りも下りも条件クリア!

あとはその往復だ。でも今日はもう限界。

今から下りを走る気にもならない。

筋持久力は来年の課題かな…(気が長い)

 

とにかく本番を前にして無理はしない。

鈴鹿はなるべく速い集団の中に入ってついていき、できるだけ長く足を温存するしか今の自分には戦術的な選択肢はないと思うが最悪千切れて単独飛行になった場合はこんな走りになるのだろう。

 

参加カテゴリーは2人組2時間エンデューロなのでとにかくバディが走っている間は足を休ませられる。走っているときには全力投球するしかない。

2周回交代になるのかな?15キロ弱のこのコースを全力で走りきれるなら2周回なら脚は持つだろう。

 

というか今回はハンサム君とチームになったが彼は同期の中ではトップで走れる実力を持っているので、それが私のプレッシャーとなり花坂練習会からずっと辛かったりした。

 

交換した青クリートで初走行だったが私にはこれでもガッシリ足が固定されたように感じる。足が動かずすぐにヒザに軽い痛みを感じ辛くなったのでシューズの紐(マジックテープ)を緩めたがそれで快適に。

 

ダンシングで強い引き足を使ったがその時にパワーロスがないような恩恵を感じた。使えそうだ。

 

コンビニ休憩入れる。

※向こうに見える中央の頂が前回記事で山頂近くまで登った獅子吼高原。

 

その後はWWに用事があり小松市に向かう。

いつもの鳥越村から中ノ峠を経由した小松市のルートを通るのがつまらなく感じ、初めての道を走ってみた。

 

気がつけばクマが出そうな道…


クマは時速40~50キロで走る。

オレは40キロで走れるのか?

もしも出てくるなら進行方向側から出てくれ!


それならターンして下り走行で逃げられるかも?

(40キロで走る下りも命がけだが…)

しかし、下から出てきたら…

上りを40キロ走行!

死ぬ…オレ絶対死ぬで…

 

 

ビクビクして走っていたら

上から落ちてきた落ち葉にもビビる…

 

 

どんな上りが待っているのかと思っていたが案外すんなりと大日川ダムに到着。

さあ後は小松市方面に降りるだけだと思っていたら、ここから辛い登りが始まる。

でもどうにか制覇。

 

やっと下りかと思いきやまた上りが入る。

しかしこの先がいつまで続くのか、へこたりそうになりながら山頂道路を下って上って、って走っていると見たことある道。

気がつけば去年2度挑戦して2度撃沈した「名もなき峠」と便宜上勝手に命名した道を逆走していた。

【名もなき峠挑戦の記事はこちらから!】

下りでも傾斜がパねぇ~!のがよく分かる。

30キロ30キロの達成は見えてきたから、秋はここの再々リベンジをしなければ!

 

山を下りてからも小松市内までは下り道が続くが向い風がきつくて全く楽じゃない。

足がグダグダ。

大日川ダムを越えて来たのは失敗だった。

本番直前に結局限界まで脚を追い込んでしまった。

しかもここから家まではまだまだ先が長い!

 

15時前にようやく小松市内に入った。

お世話になっているショップへ。ここまで走って来て問題は感じなかったが念のため愛車のレース前点検をしてもらう。

当日の一大イベントに整備不良が原因で不本意な結果に終わってしまうのは絶対にイヤだ。

シフトワイヤーが伸びていたようだが調整してあとは問題なし!

 

クラハシ君は出場するので、留守番役の師匠から鈴鹿を楽しんで来てと言われる。

 

えぇ、頑張りますとも!

 

~P.S.~

仕事が忙しい中で、自転車乗れない分だけ、頑張ってきた肉体改造もこれが最終結果だろう。

 

【内臓脂肪率10】

【基礎代謝1553】

【そして体脂肪率19.4%!目標の20%をついに突破!】

【体重69.9kg!目標の70kgを突破!】

 

わずか0.1kgではあるが軽量級に仲間入り!

「ノミの身体に象の心臓」計画が実現!

 

しかしロードバイク買ったときに測った時から身体つきも大きく変わった…

【最初の頃の身体計測はここから!】

当時の体重は載せてないが、この頃は80キロ近くあった。

そりゃ自転車だけで簡単に痩せたとは言わない。食事など他の事も考えている。

でも自転車で楽しく運動する習慣がついたのが一番大きいと自分では思う。

あとここ数ヶ月は鈴鹿という目標を設定した事で、またブログに公開して自分を追い込んだ事で、短期間で結果を出そうと強い意志が持てたか?

 

 

これが最後なので過去記事をちょこちょこ振り返りながら感傷的に書いてみた。

あと残された数日は自転車からは離れてゆっくり体調を整えよう…

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』