日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#159 ノトイチ2 ~第二次能登島遠征(左周り)~

(ルートラボ)

(画像クリックでルートラボへ移動)

 

 

第二次能登島遠征。

 

今日は一日晴れ確定。

(気持ちの良い写真を多めに載せていきます!) 

満を持して朝から出撃。

 

しかし能登島に着く頃には11時前。

まあそれでも十分に時間はあるだろう。

前回同様能登島大橋手前のパーキングに停めて出撃。

 

まず能登島大橋を渡る。

 

前回と同じように走るのもつまらないので今回は左周りで行きます。

 
能登島西岸を走る。

 

起伏に富む島の道。

道路は走りやすいが上り下りの連続には辟易とする。

でもロードバイクの練習にはいいコースだと思う。

自分が能登島の近くに住んでいたらきっとここを練習コースにして頻繁に走りこんでいるだろう。

 

能登島西岸は整備された路面の良い道が続く。走りやすい。

波も静か。なんかいい感じのエリア。

現役引退したら(?)生活環境が整うならのんびり住みたいと思う。

 

ツインブリッジを横目に過ぎて能登島北岸へ。

 

海が綺麗。

 

ねやフィッシングパーク太公望でトイレ休憩。

http://www.notojima.org/restaurant/2910.html

ここでは貸し竿をしていて手ぶらでも海釣りができる。

 

北岸に入ってもアップダウンを繰り返す道がずっと続く。

坂好きにはたまらないコースだろう。ロードバイクの一団とすれ違う。

挨拶された。

慌てて挨拶を返す。後ろ遅れて走っているヨメも挨拶されたらしい。

今日はロードじゃないから相手にされないだろうと思っていたから慌てたがいい人達だ。

 

のとじま水族館を経由する。

時間があれば寄りたいところだが、腹が減った。

もう13時を回っている。

 

 

他にも飲食店は見かけたが、安心できる道の駅を選んで遅い昼飯。

今後の遠征では飲食店の開拓もしていこう。

14時になっていた。

海鮮の網焼きが食べたかったが時間が遅くてもうネタがないとの事。

ここの調理している人が漁師もしていて朝水揚げされた魚介類をここに出しているようだ。

日によって何が食べられるのかはお楽しみといったところか。

これなら出せると言われた漁師丼を食べた。

船上でのまかない食との事。

とても美味い。身がプリプリしていて鮮度がいい。


道の駅の向かいにガラス美術館がある。

少し散策はしたが、ここもスルー。

 

島の中央通りまで来た。

ここからは前回走ったコースの逆走。道は平坦になり走りやすくなる。

時間はまだ15時を回ったところだが陽が赤くなってくる。もう夕暮れ時の雰囲気に。

夕陽を浴びてヨメと走っていると安土を走った事を思い出す。

 

変わらずいい景色が続く。

 

走りながら思う。

 

能登半島は過疎化が進んでいる。地域振興策が必要。

この能登島を第2の「しまなみ海道」にできないかな?

能登鉄道をサイクルトレインにし能登島を自転車天国にする。

そして和倉温泉や七尾湾周辺に多くある民宿に泊まってもらえばいい。

道を整備する必要はあるがラインの引き直しなら、それほどの予算も必要ないのではないか?

ブルーラインと能登島右岸にもう少し休憩スポットがあればいい。

 

ノトイチ60キロでも観光しながらなら十分に一日を潰せるが、

距離が物足りないのなら七尾湾岸も絡めたコースも作ればいい。

ただ懸念材料としてコースは起伏が激しくサイクリング初心者向けではない。

でも乗り込んでるロードバイカーには結構喜んでもらえそうなコースだと思う。

どうでしょうか?関連する市町村の観光課の方々様。

 

あ、いや自転車好きの勝手な独り言です…(^^;)

 

 

北岸を抜けて東岸へ。

道は古い感じになるが、車は少なく平坦で走りやすい。

 

日本海。当然ながら対岸に岸が見えない。

 

漁村が点々と所在する。

 

南岸に入った。いよいよラストスパート!

太陽がいよいよ赤くなってくる。急ごう。

 

この辺りはもう黙々と走っていました。

そしてこの交差点を越えれば能登島一周です。

スタートは反対車線から右の道に入って西岸に行きました。

 

能登島大橋。

 

17時半到着。

気持ちの良いサイクリングができました。

距離は短いものの、やはりコースが大変で十分走りきった満足感は得られました。

今度はロードバイクで来よう!

 

赤く夕日に染まる能登島大橋。

 

この夜は皆既月食がありました。

日中の天気も良かったので期待が膨らみます。

いそぎ帰りますがだんだん月が欠けてくる~。

いそげーっ!

 

しかし家に到着する頃には雲に隠れてしまいました…orz

雲から出てきた事に気づいたのはこのタイミング…

右端が地球の影です。滅多にないチャンスだったのに…(残念)

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』