日々精進~オレの自転車日記~

内気だった少年は戦いの中で大人へと成長していく…… (引越中)

#163 ラストライド~能登半島140キロ・前編~

11月9日(日)

波平さんの発案で能登半島巡りのサイクリング。

いよいよ今シーズンのエル号ラストランです。

7時に志賀町にある道の駅「ころ柿の里 しか」に集合。

※ころ柿とは干し柿のこと。

http://www.hrr.mlit.go.jp/road/miti_eki/each_folder/shika/shika.html

天気が危ぶまれました。実は午後から確実に雨の予報。

しかし私は仕事的に、今年は日曜の休みがもう取れそうにありません。

今日を逃すと皆さんと走れる機会は来年まで作れないでしょう。

状況を見ながら場合によっては道のショートカットもして雨が降る前までに何とか帰ろうという事で話がまとまり強行実施です。

 

ここから北の端にある町、輪島市を目指します。

画像クリックでルートラボに移動します。実際の走行コースは若干変わっています。

 

波平さんの他、久しぶり登場のハンサム君、カータン君、そして初登場のN君。

※N君はこのブログには初登場ですが、内灘鈴鹿には一緒に同行しています。

あまり中途半端に登場人物を増やしても、まとまらないと思って登場させていませんでした。

内灘で出そうとして中途半端に消えてしまったゲンさんを反省。

ブログ名も考えましたが、もう最初で最後なんでいいですね。(^^;) 愛車は白いエル。

最後に彼らともう一度走る機会が作れたのは嬉しいです。

 

ショップチーム同期メンバーが中心でしたが、これにデンタクさんもエントリー。

デンタクさんとショップチームメンバーは初顔合わせでしたがデンタクさんが人見知りしない性格だからか、いきなり全開に馴染んで喋っているので笑いました。

 

ハンサム君とカータン君は来年に向けてこの冬にBASSOの新車購入を決定。

なんと上位車種のアストラとディアマンテです。

話を聞いて、私も意味がなく焦ってまた新車買おうかと考えてしまいました。(笑)

 

今乗ってるキャノンデールとアンカー最後の送別会ライドです。

ハンサム君はキャノンデールとバッソ併用するそうですが、カータン君はアンカーにつけているコンポをバッソに移植するとの事。

アンカーは完全にお蔵入りです。

「ボクはこれが最後に捨てられるのね!?」

 

拗ねたのかスタート直前に走ってもないのにいきなりアンカーの前後のチェーンが外れて波乱の幕開けです。

 

 

波平さんの道案内でスタート。

今回はデンタクさんの他にもハンサム君とN君の走れるメンバーが3人います。

先頭行く波平さんには相当のプレッシャー。(笑)

 

とりあえず30キロ巡航で走りますが早々に足を使いきってしまい途中でデンタクさんと交代。

ハンサム君とN君もデンタクさんについて行きます。

 

能登半島の外浦(西海岸日本海に面した海岸)を快調に走ります。

今回の行きのコースはほぼツールド能登初日のコースです。

 

能登島と同様にゆるいアップダウンが延々と繰り返し続き、ここを高速で走るのはなかなかにハードです。

 

でも走っていて気持ちがいい。

 

今年一年かけて仲良くなったショップチームのメンバーとブログメンバーとのラストラン。今まで接点のなかった人達の融合。

後ろから走っている皆を見ていていると、何か嬉しくなります。

 

機具岩(はたごいわ)で最初の休憩。

写真ではよく見ますが実際に見るのは初めて。

 

皆さん記念撮影。(笑)

 

ハンサム君(左)とカータン君(右)、このブログに彩りをつけていただきありがとうございました。

 

先へ進みます。

 

北の端、輪島市を目指します。

 

ここを左折すると世界一長いベンチがここにあります。

(今は世界一ではなくなったらしい)

 

道行く人が挨拶してくれます。

それも一人二人ではありません。

ツールド能登のコースなので自転車が走る事に親しみを持ってくれているのでしょうか。なんか心が温かい。

 

ヤセの断崖。

映画「ゼロの焦点」の舞台になった地として有名になりました。

崖としては近くにある東尋坊の方が断然知名度がありますが、けっこう観光客が多いのでびっくりです。

 

全員で記念撮影。

左から波平さん、N君、デンタクさん、ハンサム君、カータン君、私。

 

先へ進みます。

 

続いてトトロ岩。

ここでも撮影大会。(笑)

能登半島観光巡りになりました。

 

しつこいですが、走っていて気持ちいい道が続きます。

来年ツールド能登に出たくなってきました。

 

総持寺。

時間がないので中には入りませんでしたがここも観光客がいっぱい。

ここの向かいにある役所がツールド能登、初日の最終エイドとの事でした。

 

ここから長いゆるい登りが続き、その先には便利で楽なトンネルがあるのにあえてそれを避けての円山峠(まるやまとうげ)越えです。(笑)

自転車乗り続けていると金銭感覚、距離感覚、そしてあえて辛い登り道に挑戦したくなる感覚。

何かと一般人からは全く理解できないレベルにまでおかしくなりますよね。

山に入るとハンサム君とN君が前に出て快調に登る。速い!

今日はずっと後ろで脚を貯めていたので、そこそこベストなパフォーマンスを出せているので私も負けじと必死に追いかけますが、それでも引き離されてしまいます。

全く勝てません。orz

夏の花坂での練習でもこの二人には全く勝てませんでした。

濡れた落ち葉がいっぱいで下りは危険。

いよいよゴールの輪島市に入ります。

途中までは気にしていましたが、もう雨の事はすっかり忘れていました。(笑)

11時頃に着きましたが、朝市がまだにぎわっていました。

ツールド能登初日のゴール、輪島のマリンタウン。

いいサイクリングでした。

午後から高い確率で雨の予報ですが、

空を見ていると薄い雲がかかっていますが降りそうな気がしません。

天気の具合を見ながら、コースは場合によってはショートカットして雨が降り出す前に帰る事になっていましたが、結局行き着くところまで来ちゃいましたwww

 

(つづく)

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

『広告』